家を建てる土地のチェックポイント

さて現地に足を運んだ際どこをチェックすればよいか、家を建てる土地のチェックポイントをお話しします。

本格的に購入を検討される場合は、更に細かく確認する事項がありますが、ここでは物件に数多く当たる上でのおおまかなチェックポイントを説明します。

 

街並みや環境

先ずはその土地を中心に周囲をよく見渡してみてください。

あなたの家がそこに建ったことをイメージして、その家と周辺がうまくマッチするかを考えてください。

違和感がなければOKです。

もしひっかるところがあれば、やめた方がいいかもしれません。

人間も土地もファーストインプレッションって結構大事なんです。

 

日当たりを確認しましょう

日当たりの悪い家が好きという方もまれにいらっしゃるかもしれませんが、大半の方は日当たりのよい場所を求めていると思います。

私も日当たり重視派です。

その土地が接している道路がどちら向きかでおおよそわかります。

土地の南側に道路が接していれば基本的に日当たりは良好でしょう。

土地の東側に道路が接していれば、お昼過ぎまでの日当たりは良好でしょう。

土地の西側に道路が接していれば、正午以降の日当たりは良好ですが、西日がきついかもしれません。

土地の北側に道路が接していれば、建物に多少の工夫が必要かもしれません。

北側道路の土地が悪いわけではありません。

北側の窓からは北明かりといって上品で柔らかな光が差し込みます。

実際私の土地は北東の角地です。

南側には大きな2階建ての家が建っています。

ですから、我が家は敷地の北側いっぱいに建物を建て、南側に大きくスペースをとることで充分な日当たりを確保しています。

土地の広さや形状で北側道路の土地でも充分な日当たりが得られます。

南側道路の土地でしたら基本的に日当たりは充分でしょう。

 

周囲の音(騒音)を確認しましょう

実際に住んでみると音(騒音)って結構気になるものです。

幹線道路や線路が近いとトラックや鉄道の音がどうしてもするものです。

幼稚園や学校に近いと子供の声が聞こえます。

公園が近いと環境は良さそうですが結構騒がしいものです。

休日を利用して現地に出かけるケースが多いと思いますが、周囲の音(騒音)については平日の方がよりリアルに確認できます。

 

 

土地の状況

地形(じがた)を確認しましょう

地形とは土地の形のことです。

正方形、長方形、台形等その土地の地形によって家の間取りが大きく左右されます。

例えば北側道路の土地でも南北に伸びた長方形の土地であれば、家を北側に建築し、南側にスペースを確保することで充分な日当たりが得られます。

 

道路との接面状況を確認しましょう

道路に接している幅(間口といいます)がどのくらいか。

道路に2m以上接しているか、 幅員(道の幅)は4m以上あるか、これらは充分確認してください。

建築基準法第43条の規定により、建築物の敷地は、原則として建築基準法上の道路に2m以上接しなければなりません。

これを接道義務または接道要件といって条例等で接道要件を3メートル以上とするなど、建築基準法第43条の規定よりも厳しくしている地域もあります。

また幅員(道の幅)が4m未満の場合には、セットバックといって敷地が道路の一部とみなされて削られます。

 

土地の高低差を確認しましょう

全くの平坦な土地でしたら問題はありませんが、土地に段差があったり、坂道の途中にある土地はあらたに土地造成の必要が出てくる可能性があります。

例えば坂道の途中にある造成済みの平坦な土地があったとします。

その土地には車1台分の駐車スペースがありました。

そのまま使うとすれば特に問題はないのですが、セカンドカーを購入し駐車スペースを拡大したい場合など土地の造成をやりかえる必要が出てくる場合があります。

土地の造成は結構コストがかかりますので注意が必要です。

 

地盤を確認しましょう

素人にはなかなか難しい問題ですが、地盤は家を建築する際大きなコスト要因になります。

実際家を建てる際、地盤調査が最初に行われます。

私が家を建築した際は地盤調査でスウエーデン式サウンディング試験というものが行われました。(詳細は家を建てる土地の地盤調査をご参照ください)

地盤調査で地盤改良が必要と判断されると、家の基礎工事の前に地盤改良が行われます。

地盤の程度にもよるそうですが、地盤改良は結構高額であると事前に聞かされていました。

私の住む地域は地下水が豊富でそう遠くない場所に川や湖があります。

結構ドキドキだったのですが、結果は地盤改良の必要なしでホッとしました。

当然、土地を見ただけでは地盤のことなどわかりません。

もし、不動産屋が同行しているならばその土地近辺の事情は承知しているはずなので聞いてみましょう。

あと別の見方ですが、その土地の住所(地名)がヒントになることがあります。

地名に水や水に生息する生き物に関する漢字がある場合は、用心した方がいいかもしれません。

例えば水に関する地名では水、川、河、湖、沢、谷、池、沼、葦などです。

水に生息する生き物では鯉、鮎などの魚そのものほかに亀、鶴、鷺なども含まれます。

私の土地の地名には水に関する名前は含まれていませんが、周辺は該当する地名がたくさんあります。

実際、友人が家を建てる際地盤調査を行いましたが、結果は地盤が軟弱ということで地盤改良を行い100万円以上かかったそうです。

友人に土地の地名には「沼」の漢字が入っています。

 

 

なお、家を建てる土地探しの詳細については「家を建てるための土地物件探し.com」というサイトを公開していますのでこちらもぜひご覧ください。

< 前のページ   次のページ >