金利で差のつく銀行の住宅ローン

 

資金計画のページでも述べましたが家を建てる予算を考える場合、銀行で借りる住宅ローンの役割はかなり大きなものとなります。

正確な数字は分りませんが、一般の方が住居用の土地や家を購入する際、9割以上の方が銀行などの金融機関で住宅ローンを利用しているのではないでしょうか。

住宅ローンは利用者にとっては借入金、コスト(金利)のかかるお金です。

だからこそ少しでもコスト(金利)を抑えた住宅ローンを利用したいものです。

銀行の住宅ローンはちょっとした工夫、努力で金利を抑えることが可能です。

たった0.1%の金利も借入金額が大きく、返済期間の長い住宅ローンの場合、トータルの返済額では大きな差が出ます。

奥さんたちも家計のためにスーパーで少しでも安い大根やニンジンを探しているではないですか。

住宅ローンもそれと同じなんです。

 

この章では銀行などの金融機関が取り扱う住宅ローンの概要と住宅ローンの賢い選び方、裏ワザについてお話しします。

ちなみに私は元銀行員でファイナンシャル・プランナー(CFP)と宅地建物取引士の資格を保有しています。

 

なお、住宅ローンの詳細については「金利で得する住宅ローン.com」というサイトを公開していますので、こちらもよかったらのぞいて見て下さい。

 

 

金利で差のつく銀行住宅ローンの目次

   銀行の住宅ローンとは

   銀行の住宅ローン金利について考える

   銀行の住宅ローン金利の種類

   銀行の住宅ローンの返済方法

   銀行の住宅ローンで必要な「団体信用生命保険(団信)」

   銀行の住宅ローン金利で得する方法

   長期固定金利住宅ローンのフラット35

次のページ >