築後3年目の定期点検

先日、築後3年目の定期点検がありました。

本来であれば4月に行われる予定だったのですが、4月は熊本地震があったことから9月に延びてしまったんです。

震災直後、一度家の様子を確認しに来られました。

その時に、我が家よりも大変なお宅がたくさんあるでしょうから、そちらを優先して下さいと伝えていました。

ですから、今回が正式な定期点検です。

早いもので熊本地震が発生してから5か月以上が過ぎました。

本当に悪い夢を見ていたんではないかと、今でも思ってしまいます。

しかし、周りを見ると、今でも屋根の上にブルーシートが乗っているお宅がたくさんあり、解体された家も多くあちこちが更地になっています。

悲しいことですが、これが現実なんです。

 

熊本地震に被災して初めての家の点検です。

私も担当の方と一緒に家の中、外を丹念に見て回りました。

家の中は壁のクロスが何か所も裂けたりしています。

ウォークインクローゼットの扉も地震の影響で歪んでいました。

リビングの大きなサッシ窓もずれが生じていました。

その場で調整できるものは調整してもらい、その他修復が必要な個所は来年修復してもらうことにしました。

とういのも、熊本では震災後の家の修復で職人さんが全く足りないんです。

屋根に修復は1年待ちのようですし、我が家のように生活に支障がない家はまだいい方なんです。

ですから、緊急性を要するお宅を優先してもらって、我が家は職人さんの手が空いた時で構わないと伝えました。

 

熊本はまだ連日余震が続いています。

先日は久しぶりに震度5の余震に見舞われました。

我が家の修復は地震が落ち着き、ご近所の屋根からブルーシートがなくなった後で、ゆっくり取り掛かってもらおうと考えています。

< 前のページ    次のページ >