一戸建て木造注文住宅の外構工事

一戸建て木造注文住宅の外構工事は建築の最終段階で行われます。

 

 

既存ブロック撤去工事

私の土地は更地にする前2件の古い建物がありました。

随分前に建物は解体しましたが、ブロック塀は残していたのです。

ですから古いブロック塀がそのままありました。

新しいブロック塀を造るために既存のブロック塀は撤去です。

 

コンクリートブロック工事

既存ブロック塀を撤去したら新しいブロック塀を組んでいきます。

垣根を植えるためにブロック塀の高さは2段階にしてもらいました。

玄関正面のブロック塀は家内に希望でブロック塀の最上部に入り違いのレンガを付けてもらいました。

 

新しいブロック塀を造っています

 

こんな感じに仕上がりました

 

面砂利敷き込み工事

庭に面砂利を敷き込む工事です。

我が家の庭は2種類の面砂利が敷かれています。

中庭には白い粒の大きい砂のようなもの。

それ以外の外周は青っぽい石の砂利です。

白い粒の大きい砂のようなものと青っぽい石の砂利の境にはピンコロとよばれるキューブ状の石が埋め込んであり、それが境界になっています。

 

カーポート取付工事

なんとカーポートもインターネットで調達したんです。(詳細は「住宅設備(住設)の機器をインターネットで購入する」のページをご参照ください)

YKKのレイナポートというカーポートです。

設計事務所宛てに配送してもらい、それを設置してもらいました。

 

カーポートです

< 前のページ   次のページ >